うちの子がこんなにピシッと出来るなんて!!

「我が子には、この世知辛い社会において、どうかたくましく育ってほしい。」そう思う親御さんは多いです。というかそれが親心でしょう。学歴社会というものが通用しなくなった昨今。子どもたちに必要なのは、実は体力と精神力です。どんな状況でも冷静な判断ができて、正義のために戦える人間。弱気を助け、悪をくじく。そういう失われた日本人の美しさを空手で養いましょう。石島道場に入れば、どんなにやんちゃな子供でも、ピシッとします。それは子供にとって気持ちい事なのです。

空手は暴力ではありません

少子化で子供同士が放課後にあまり遊ばなくなった昨今。勉強勉強でストレスが溜まるとロクなことがありません。ストレスのたまった子供は学校でイジメをします。あなたの子供がいつイジメられるか、またはイジメっ子になるのでは?と心配ではありませんか?空手を学ばせるのは、イジメ防止に効果てきめんです。空手が強い子は、「あの子は強いから。」とイジメっ子が避けます。それは動物的な勘なのです。そして、空手をやる子供は道場でストレス解消しているので、人をイジめようなんて思いません。なので学校では思う存分勉強します。体力もあるので、バンバン勉強します。まずわかってほしいのは、空手道場は相手を倒す方法を教える場所ではないことです。道場は暴力から効率的に護身する方法を学ぶ場所です。そして、大切な人を守るためならやむをえず相手を倒す技術も学べます。またルールの中で戦うことによって、お互いの技術を称え合い、体を鍛えられます。様々な年齢の子供が集まる道場は、年上は年下をケアし、年下は年上を敬う精神が自然と養われます。こういったことは学校では、なかなか体験でません。日本の教育は伝統的な武道を戦後、GHQによって禁止されてしまったからです。なので、武道は自ら道場で学ばなければいけない時代なのです。子供の頃に身についた”押忍”の精神は大人になってからも役に立ちます。正しいことと間違っていることを見抜ける人間になります。相手を思いやる人間になります。空手を怖いイメージに捉える方は多いですが、空手ではまず、怪我をしないことを徹底的に教えます。そして、美しい空手の型を通して、身体操作の全てを学びます。その身体操作はあらゆるスポーツに応用可能です。

子供のパワーを開放させてあげてください

動があるから静がある。落ち着きのない子供はめいいっぱい暴れられる場所が必要なんです。体を動かし、汗をかく。ただ体を動かすのではなく、考えながら動かすことが大事なんです。正しい動き、正しい力の入れかた、抜き方。そういったものを覚えていくことによって自分の体を操作する快感を知ります。これは最高の自己肯定感です。そして脳と体は連動していますので、体を鍛えれば脳も鍛えられます。つまり、空手を通して思考力が養われます。物事を習得するには基礎から積み上げていくということが立体的に捉えられます。これは将来仕事をする上でも役に立ちます。そして上にも書きましたが、体力がつくことがもっとも大事です。体力がつけば落ち込みにくい人間になります。最近多い、うつ病にもならないのです。空手は今この瞬間に起きていることを処理することです。飛んできた突き、蹴りをどうさばくか。それが最も大事なのです。くよくよする人間は、過去を見ています。今この瞬間の問題に取り組むということは、悩む暇がないということです。辛いことがあっても、立ち直るためには、この「悩んでいる場合じゃない。」という体験をするのが大事です。

石島道場のキッズ・ジュニアカラテ

空手は子供の精神鍛錬、精神修養に大いに役立ち、落ち着きのある周りに気配りのできる人間になります。子供のありあまる体力を良い形で消費できる石島道場のキッズカラテは成長、技術に合わせて3段階あります。どの年齢でも初めても構いません。空手は人と競うものだけではなく、自分を磨くことが理想です。

①わんぱくキッズカラテ体操


4歳~幼児を対象としたクラスになります。人生を通して一度しかないプレゴールデンエイジに、体を動かすことを慣れさて、その後の運動神経構築に、とても大事な体の使い方を空手の基本動作、空手体操を使って学びます。また、そこまで厳しくはないですが、空手の稽古を通じ礼儀、礼節も教えますので、団体行動の中での協調性も学ぶことができます。世の中いろんな子供が通う教室がありますが、石島道場に通う子供は、とても静かにしつけされるので、皆さん驚かれます。当たり前ですが、当道場では子供に暴力をふるようなことはないので、ご安心ください。

 

 

②キッズカラテ


小学1年生、2年生の低学年を対象としたクラスです。やはりこの時期もプレゴールデンエイジです。この後に来るゴールデンエイジ(9歳~)に向けて体を動かすことに慣れさせます。空手の基本動作、空手体操などで正しい姿勢を作り、他のスポーツや日常生活にも応用可能な身体操作を楽しく学びます。わんぱくキッズよりも一段上の礼儀、礼節を学び団体行動の中で協調性を学びます。組手(スパーリング)は希望者のみ行ないます。

(キッズカラテ・組手クラス)


 小学1年生、2年生の低学年を対象とした試合向けのクラスです。競技空手の基本動作、テクニック、ミット、基礎体力トレーニング、組手を中心に行ないます。空手が好きになった子供たちはやはり、強くなりたいという意思を持ちますので、このクラスに出て試合のための練習をします。

③ジュニアクラス


小学3年生~6年生までを対象としたクラスです。ゴールデンエイジ(3~14歳)に合った身体操作から護身術まで幅広く稽古します。ゴールデンエイジに体の基本動作を使いこなせるようになると、その後どのようなスポーツにおいても、有利になります。空手においては、自分の思ったように体を動かせるようになる年齢ですので、空手の動作の美しさ、奥深さに触れ始める時期です。ジュニアクラスでは教わるだけではなく自分で考えて稽古をするので、日常生活においても役立つ工夫する力を養うことができます。また、学年の違う仲間との稽古の中で社会に出ても応用の効く、人とのつながりを学びます。組手(スパーリング)は希望者のみ行ないます。

(ジュニアカラテ・組手クラス)


 小学3年生~6年生までを対象とした試合向けのクラスです。競技空手の基本動作、テクニック、ミット、基礎体力、組手を中心に行ないます。競技空手を通して、真の強さを手に入れるには、この時期がもっとも大事と考えます。

試合について


私自身がずっと選手でしたので、お子さんにも試合に出てほしいという気持ちはありますが、これは完全に、お子さん、または親御さんの自由です。絶対に強制はしません。試合に出るメリットもたくさんありますが、試合にでなくても空手から得られるメリットは沢山あります。

レクリエーション

年に一度子どもたちと丹沢に合宿に行きます。

演武

初台、幡ヶ谷近辺でたまに演舞を披露します。

親御さんの声


先生

月謝

◆入会金【幼年・少年】10,000円【中学生・女性・高校生・大学生・一般部】10,000円【親子割引(親子で入会)】月謝から1人1,000円割引【兄弟割引】月謝から1人1,000円割引

◆月会費【幼年・少年】6,500円【中学生・女性・高校生・大学生】8,500円 【一般部】・・・・・11,000円

 ※見学・無料体験は1回までとさせていただきます。

場所

幡ヶ谷・初台 フィットネスキック&キッズカラテ

石島道場 

〒151-0071 東京都渋谷区本町6丁目38−6 清水ビル 1階

TEL/FAX : 03-3370-6721 

E-mail: ishijimadojo@gmail.com